避難の協同センター公式webサイト

お知らせ

「原発避難者住宅問題」緊急ホットラインを開設します

東京電力福島第一原発事故からまもなく8年、事故は未だ収束には程遠く、福島県からの避難者だけで4万を超える人々がふるさとを追われて全国各地で避難生活を余儀なくされています。2017年3月末の住宅提供打ち切りによって、区域外 …

自主(区域外)避難者交流会 ゆるっとカフェ ~語り合おう私たちのこれから、知ってほしい私たちのくらし

※福島県生活拠点課の職員もご参加されます ※避難者対象です 日時:2017年10月14日(土)13:30~15:30 場所:TKP上野ビジネスセンターカンファレンスルーム2C (地下鉄銀座線・日比谷線 上野駅 3番出口 …

資料をアップしました>《9月2日》自主(区域外)避難者への住宅無償提供打ち切りから6ヶ月~避難の現状と今後の支援について考える交流集会

資料のダウンロード(すべてPDF) 避難の協同センター報告 瀬戸大作 /避難の協同センター事務局長 各地からの報告 北海道  宍戸隆子さん/こだまプロジェクト 岡山  はっとりいくよさん /一般社団法人ほっと岡山 千葉  …

【新聞記事】原発事故避難先でいじめや差別「ある」62% 共同調査

2/25朝日新聞より転載します。 (以下転載) 朝日新聞社と福島大学の今井照(あきら)教授(自治体政策)は今年1〜2月、東京電力福島第一原発事故で避難した住民に対し、共同調査を行った。避難先でいじめや差別を受けたり、被害 …

【新聞記事】【千葉県】原発避難の県営優先枠 住宅入居は6月以降に

2/27の東京新聞千葉版に、千葉県の県営住宅の優先枠についてつなぎの対策が必要との記事が出ました。 県は県営住宅の優先枠を50~60戸設定する方針で、そのこと自体はいいのですが、これからだと応募が四月、入居は6月以降にな …

【新聞記事】福島県避難者、PTSD上昇 支援打ち切りへ…不安感が増加か

2/26福島民友記事を転載します。 早稲田大災害復興医療人類学研究所と震災支援ネットワーク埼玉(SNN)は25日、東京電力福島第1原発事故で本県から首都圏に避難した住民を対象にしたアンケート結果の速報値を発表した。回答者 …

2月21日(火)記者会見のお知らせ -原発事故自主避難者への住宅無償提供打ち切りを控えて-

2月21日(火)記者会見のお知らせ -原発事故自主避難者への住宅無償提供打ち切りを控えて- 避難の協同センター 支援の現況報告と避難者の皆さんへの緊急メッセージ 報道各位 多くの自主(区域外)避難者は、災害救助法に基づき …

【雑誌記事】東洋経済ONLINE「自主避難」3.2万人、住宅支援打ち切りに悲鳴 生活問題は逆に深刻化、終わらない原発被害

「東洋経済ONLINE」で自主避難者の住宅支援打ち切り問題の詳しい記事が掲載されました。 「自主避難」3.2万人、住宅支援打ち切りに悲鳴 生活問題は逆に深刻化、終わらない原発被害 http://toyokeizai.ne …

【雑誌記事】東洋経済ONLINE「「自主避難」3.2万人、住宅支援打ち切りに悲鳴  生活問題は逆に深刻化、終わらない原発被害」

「東洋経済」ONLINE版に「「自主避難」3.2万人、住宅支援打ち切りに悲鳴  生活問題は逆に深刻化、終わらない原発被害」というタイトルで長文の記事が掲載されました。 http://toyokeizai.net/arti …

【新聞記事】1/14東京新聞「原発自主避難 家賃の壁 首都圏優先枠 応募・入居25%」

1/14東京新聞より転載します。 (転載はじめ) 東京電力福島第一原発事故で避難区域外から避難を余儀なくされた「自主避難者」に対する住宅無償提供が、今春で打ち切りとなる。その後の受け皿として、優先入居できる住宅が首都圏で …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 避難の協同センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.