今日は避難の協同センター主催「避難者住宅問題緊急ホットライン」の初日でした。早速メール相談が届く。僕らが集中して取り組んできた2017年3月末の避難先住宅無償提供打ち切りの避難者ではなかった。国家公務員住宅退去と2046世帯の民賃補助打ち切りと同じく3月末で旧避難指示解除準備区域・居住制限区域の避難者の応急仮設無償供与が終了する。大半が民間賃貸住宅で暮らす。継続居住できるかは貸主の判断に委ねられている。今日の相談電話は件数こそ少なかったが、電話してくれた方の状況は深刻だった。電話の向こうからの声は「やっとの勇気」で電話をくれたのだと解る。3月2日の相談ダイヤル終了後に正式な報告をおこないたい。
●3月2日の緊急ホットラインは土曜日です。「ひとりで悩まないで相談ください。