避難の協同センター公式webサイト

トピックス

蟻塚亮二さんオンライン講演『原発事故の影響を受けたすべての人たちに』―過去と向き合い、前に進む。私たちの本当の権利―

福島原発事故から10年が過ぎようとしていますが、未だ原子力非常宣言下にある福島県、人々の関心はどんどん薄れています。移住・避難を選んだ方々、また、福島で暮らすことを選んだ方々や帰還した方々の権利は脅かされていないのでしょ …

「新型コロナ災害下における原発事故避難者の暮らしと住まいの不安に関する緊急アンケート調査」のまとめと分析、提言

コロナ災害下、原発事故避難者にも様々な影響が及んでいるのではないかとの危機感から、ひだんれん、「避難の権利」を求める全国避難者の会、避難の協同センターの 3 団体は「新型コロナ災害下における原発事故避難者の暮らしと住まい …

「新型コロナ災害下の原発事故避難者ネットアンケート」終了と相談フォーム継続のお知らせ

2020年5月26日より「新型コロナ災害下における原発事故避難者の暮らしと住まいの不安に関する緊急アンケート調査」を、原発事故被害者団体連絡会(略称:ひだんれん)・「避難の権利」を求める全国避難者の会・避難の協同センター …

コロナ災害緊急アンケートの締め切りを8月末まで再延長します

新型コロナウィルス感染拡大は原発事故避難者にとって、もうひとつの「緊急事態宣言」を重ねることとなりました。 それが避難者にとって二重のリスクとなり、仕事、住まい、家計、健康などについての不安が更に増しているのではないかと …

原発事故避難者「緊急アンケート調査」のお願い

福島の原発事故から10年目を迎えました。5月半ば、原発事故避難者向けの福島県南相馬市原町区の復興住宅「南町団地」で、浪江町の60歳代男性が自室で死亡しているのが分かりました。 男性は一人暮らしで病死とみられ、浪江町社協は …

PAGETOP
Copyright © 避難の協同センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.